■消費税増税に伴う対応方法について■

平素より宿泊予約システム「宿シス」のご愛顧を賜りまして、心より御礼申し上げます。
宿シスサポートセンターより消費税増税に伴う対応方法のお知らせです。

本年2019年10月より消費税増税が予定されており、宿シスシステム内の課税率も
以下の様に変更しております。【2018年11月30日対応リリース済み】

2019年 9月の予約分まで → 8%
2019年10月の予約分から → 10%

これらに合わせ、現在の宿シス内の内税・外税の設定ごとの対応方法をご案内致します。

【内税設定でご利用の場合】

2019年10月の予約分から10%が適用されます為、価格設定がそれ以前のままですと自動的に本体価格が下がってしまうことになります。

 (例)販売価格 ¥10,800(税込み)の場合
2019年 9月の予約分まで 8% →  ¥10,000(本体価格) + ¥800(税)
2019年10月の予約分から 10% →   ¥9,818 (本体価格) + ¥982(税)


<対応方法について>

①2019年10月以降の予約用に料金タイプを追加し、料金カレンダーより設定する。

 (例)「基本料金 \10,800」 → 2019年10月~ 「新基本料金 \11,000」

②「税別(外税)」表示に切り替える

 ・管理画面>基本情報設定>施設基本情報内より「内税」⇔「外税」の切替えが可能です。

※「外税」に切り替える際の注意点※
 ・料金を本体価格のみにして更新することができます。
  切り替えの際に以下のチェックボックスと赤文字の説明文が表示されます。
———————————————————————————————— 
  ここにチェックを入れて「更新する」ボタンをクリックすると、
内税表示から外税表示に切り替える際に、現在宿シスに登録されている料金(本体価格+消費税)を、
税抜金額(本体価格のみ)に自動計算して更新します。
変更される金額設定は、宿泊料金(子供、幼児も含む)、オプション、チョイスです。
自動計算で使用する消費税率は、変更時の税率になります。
 (2019年9月30日までは8%。10月1日以降は10%)
また、更新が終わると公開状況は”非公開”になりますので、料金確認後に手動で”公開”にしてください。 
————————————————————————————————

上文にもある様に、更新後は公開状況が非公開になりますので料金確認後に「公開」にしてください。

【外税設定でご利用の場合】

 2019年10月の予約分から自動で10%計算されますので、特に操作の必要はありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ